カバー工法なので、既存の枠の内側に新しい枠を設置します。ほとんどの窓では気になりませんが、掃き出し窓の床側に段差ができる場合があります。

メニュー