新設するカバー工法用サッシは、中残付きサッシは選べません。すべて中残がないサッシとなります。